迷ったら腹筋から【胃腸・血行・ホルモンの調子を整えメンタル安定】

迷ったら腹筋から【胃腸・血行・ホルモンの調子を整えメンタル安定】

腹筋トレーニング

 

「メンタルを回復させるのになぜ腹筋から?」

「精神科は?メンタルクリニックは?」

「心理学書を読むんじゃないの?」

 

とつぜん「腹筋しよう!」と言われれば上記のような疑問がわくかも知れません。

その理由ですが、トラウマの解消はひじょうに難しいからです。

精神的アプローチ(読書や認知行動療法)は難しく長期化しやすい

もちろん読書にはストレス解消効果もあり、自分の心理を見直すのに有効です。

イギリスのサセックス大学の研究によって読書をすることに高いストレス解消効果があることがわかっています。

また、認知行動療法にも一定の効果があることが証明されています。

薬物療法と効果は同等であり、効果の持続時間はそれ以上であることが承認されている。多くの臨床研究によりうつ病と不安障害に対して効果が高いというエビデンスがある[23]

出典:Wikipedia

精神的アプローチにもたしかに効果があるのですが、いきなり取り組むのはむずかしいものがあります。

 

「どこから取り組んでいいかわからない」

「幼少期のトラウマを思い出せない(心因性記憶障害)」

「10年経っても効果を感じられない」

「どんな本が自分に合っているのかわからない」

「フラッシュバックしてメンタルがもたない」

 

そのためまずは肉体的健康を手に入れからメンタルヘルスに取り組むのが好ましいと言えるでしょう。

「健全な精神は健全な身体に宿る」精神的アプローチは難しいので後!

腹筋のメリット

腹筋なら男女とわずできる【女性でもカッコイイ】

「腕、胸、足の筋肉をつけるのはちょっと・・・」という女性は少なくないと思います。

腹筋なら女性がつけても似合います。

腹筋女子

出典:https://nonno.hpplus.jp/

筋肉の壁が胃腸をまもる【脳と腸は連動している】

本番に弱い人はよくお腹をこわしてトイレにかけ込んだりしますよね。

胃腸が弱い人はメンタルも不安定になる傾向があります。

そのため胃腸を安定させることによってメンタルも安定してくるのです。

納豆がメンタルに効く!「ケツの穴が小さい」の意味は腸と関係あり

血液が頭からお腹に移動する

よく「あたまに血がのぼる」って言いますよね。

あたまに血がのぼっている状態ではメンタルは安定せずノイローゼ傾向になります。

そこで腹筋です。

腹筋をすることで脳の血液がお腹に流れます。

気持ちが落ち着きますよ。

胃下垂の解消

胃下垂

胃下垂のままでは胃の張りや痛みを感じたり、すぐにお腹がいっぱいになったりして食欲不振にもつながります。

大便の出もわるくなり、体内に老廃物がたまる原因にもなります。

腹筋を鍛えることで筋肉が胃腸を持ち上げてくれ、上記のデメリットを解消してくれるのです。

胃下垂の解消は食欲をアップさせ、健康につながりますよ。

男性ホルモン(女性にもすこしあります)がメンタルを安定化

「ヒステリー」という言葉はギリシア語で「子宮」という意味です。女性に関する言葉だったんですね。

男女問わず男性ホルモンを増やすことでメンタルの安定につながります。

男性ホルモンのその他の効果は下記の記事に書いてあります。

【精神安定】筋トレをするメリット・効果【トラブル】