毒親と発達障害(ADHD)の関係。衝動的でわがままな言動が目立つ

毒親と発達障害(ADHD)の関係。衝動的でわがままな言動が目立つ

ACねこ
ACねこ
発達障害ってなに?
脳の成長や発達が不完全で、人間性に乏しい未熟な行動をとってしまう障害のことよ

食べ物で発達障害や知的障害は改善するか?についてだが俺は影響あると思う ジャンクフードばかり食べさせて構わず放置した場合と 青魚や肉、野菜をバランスよく食べさせてたくさん構ってあげた場合で同じ発達程度とは到底思えない ちなみに発達障害者の親は育児をきちんとしない毒親率が非常に高い

出典:ツイッター

 

「ひょっとしてうちの親は発達障害(ADHD)なんじゃないか?」

「あまりにも異常すぎる!」

「障害じゃなきゃ納得できない」

 

常識で考えればナゾの多い毒親。なぜそんなことをするの?と理由が気になりますよね。

毒親の異常行動の理由の可能性として発達障害(ADHD)があげられます。

発達障害(ADHD)とは?

注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、Attention-deficit hyperactivity disorderADHD)は、多動性(過活動)や衝動性、また不注意を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である[1][2]

出典:Wikipedia

発達障害という読んで字のごとく、脳が発達していない状態を指します。つまり幼稚ということですね。

【遺伝】発達障害はなぜ生まれるのか?【家庭環境】

人間の脳

遺伝や、家庭環境による要因が大きいと言われています。

遺伝的要因が76%とされるが[9]、分離が洗練されておらず家庭という環境要因が含まれてしまっていることに注意が必要である[10]

出典:Wikipedia

発達障害(ADHD)は治る?治らない?【治らない】

ADHDは「神経発達症」の一種で、治療により症状の緩和は出来るものの、完全には治らないと言われています。

神経発達障害児の睡眠障害に対するメラトニンの使用は安全で有効であるが、証拠は限られているためさらなる調査が求められる

出典:Wikipedia

人生には、受け入れなければならない現実があるわ

生まれつき、家庭環境、両方の可能性が考えられます。

もしかしたら皆さんの毒親の家庭環境もあまり恵まれたものではなかったのかもしれませんね。

発達障害(ADHD)の人の割合は1.65%

円グラフ

大人のADHDは、浜松市の調査により、1.65%と推定されていて、およそ60人に1人がADHDに該当することになります。

日本の有病率は、成人では浜松市の大規模調査より1.65%と推定されている

出典:Wikipedia

仮に30人学級なら2クラスに1人。少ないですね。

ADHDでなければアスペルガー症候群かも知れません。

毒親とアスペルガー症候群の関係。話し合いをできないパターンが多い

発達障害(ADHD)注意欠陥・多動性障害の症状

不注意。部屋が汚く、ゴミ屋敷。物事に気づかない

集中力がなく、長続きしない。

飽きっぽい人

  • 子どもの話を聞かない。話が通じない。状況を理解した子育てが難しい。
  • 子どもが困っていたり、傷ついていたりしても気づかない。
  • 子どもとの約束を忘れる。
  • 部屋が汚い。ゴミ屋敷。
  • 反省しない。謝らない。無自覚。
  • 話し合いが困難。

毒親あるある【話を聞かない】話が通じない理由と知的障害について

親の不注意が続くと親子の信頼関係がこわれていってしまいますよね。

不注意な親への対処法は「紙に書く」「メールやLINEで記録に残す」などがあげられます。

衝動性。モラハラ夫・嫁。残酷な言葉などの無神経な言動

善悪の判断をする前に行動してしまう。ガマンが出来ず、子どものような、わがままなふるまいをしてしまう。

衝動的に怒る男性

  • 思ったことをすぐ口に出してしまう。子どもを傷つけるようなことでも、口に出してしまう。
  • カッとなり子どもに手をあげてしまう。
  • 話をさえぎったり、横から割り込む。

衝動に負けてしまうような幼稚な人ですから、対処がむずかしい問題です。

放置しておくか、どうしても対処したければ「おどし」をかけましょう。

毒親の因果応報の事例。高齢者虐待の種類と件数【厚生労働省】

多動性

自然と体が動いてしまう。

貧乏ゆすり

  • 同じ場所にじっとしていることができない。子どもがすべきことでも、親が手出しをしてしまう。
  • おしゃべりをやめることが出来ない。子どもがしゃべる機会をうばってしまう。

多動性についても脳に障害があるわけですから対処はむずかしいです。

やはり対処法は上の「衝動性」のところで書いた「おどし」をかけるぐらいしかないでしょう。

ADHDの毒親に対してはまるで幼稚園児に言い聞かせるような対処が必要なのです。

発達障害(ADHD)の治療は難しいため、距離をおくしかない

トラック

毒親に「ADHDの可能性があるから、病院へ行こう」と言っても、素直に応じるとは考えづらいです。

また、治療を受けたとしても、ADHDの完治は非常にむずかしいとされています。

結局のところは、距離をおくしか対処のしようがありません。

人間の脳には「ミラー・ニューロン」という神経細胞があり、無意識に他人の考えや言動を真似してしまいます。

=> 毒親との絶縁して得られること、絶縁するべき理由。ほか【まとめ】

相手が親なら、なおさら悪影響を受けやすいでしょう。

また、毒親に育てられたアダルトチルドレンは、さんざん毒親に振り回され、そこまでの気力が残っていないケースも多いはずです。

無理をする必要はないわ
まとめ
  • ADHDの完治は不可能と言われている
  • 親との絶縁も視野にいれよう!

関連記事
毒親とアスペルガー症候群の関係。話し合いをできないパターンが多い