「毒親を責めるのは親不孝」ではない。幼少期の脳は虐待で萎縮する


「毒親を責めるのは親不孝」ではない。幼少期の脳は虐待で萎縮する

ACねこ
ACねこ
幼少期に虐待を受けると脳が委縮するってほんと?
ほんとうよ。
でもあとから修復することもできるわ

 

「三つ子の魂百まで」ということわざがありますが、人間は幼少期、外の世界を知らずに育ちます。

幼少期の子どもにとっては、親が正義、親が法律、親がすべて。

たとえ親が狂っていたとしても、それが正しいと信じるしかないのです。

間違った価値観が定着してしまうから、治療がたいへんね

5歳児までの脳への影響【脳重量が減る】

脳

人間の脳は、5歳になるまでの間、急激に成長します。

産まれてすぐの時でおよそ400グラム、2歳児で大体700グラム、5歳児では約1,300グラム。大人とほぼ同じサイズに。

この時期に子どもが受ける、虐待による悪影響は、計り知れません。

だからといって、頭の良し悪しは、何も脳重量だけではありません。しかし、この急速に増え続ける時期に、適切な好ましい刺激を与えることは、その子どもの成長に効果的であることはうなずけるところです。

出典:おやこCAN

虐待や夫婦喧嘩の弊害。脳の萎縮の原因になる

幼少期に虐待を受け続けると、感情の中枢にあたる扁桃体(へんとうたい)が刺激され、ストレスホルモンが出されます。

このストレスホルモンが脳にダメージを与え、萎縮させるのです。

脳

出典:NHK

殴る、蹴る、氷点下の屋外に裸で放り出すなどの、非人道的な厳しい体罰によって、人間性をつかさどる前頭葉が縮小します。

前頭葉が縮小すると社会のルールを守らなくなったり、勉強ができない子に育ってしまいます。

「クズ、なさけない、馬鹿」といった暴言によって、脳が聞くことを拒否するようになり、聴覚野が変形。

夫婦喧嘩による暴力や、自分以外の兄弟姉妹に対する暴力に遭遇することにより、脳が見ることを拒み、視覚野が縮小します。

子どもに元気がなくなるのは当然のことです。

損傷を受けたり萎縮した脳は自己回復する

ニューロン

虐待によって脳が委縮したからといって、悲観することはありません。

ダメージを受けた脳は自己回復することができます。

反対に、それらのニューロンが繰り返し別々に発火していれば、両者の結びつきは弱くなる。つまり、脳の神経回路は「使わなければ失われる」のである。

出典:東洋経済ONLINE

現時点での可能な範囲で、じっくり、確実に行動することによって、脳の神経回路は変化していきます。考えるだけでなく、行動することが大切です。

=> 毒親育ちは克服することができる

希望が見えてきたわね

親の間違いに気づき、目を覚まそうとしている

ハートマーク

毒親の呪いから目を覚ますためには、周囲の家庭の常識と照らしあわせて「何が間違っていたか」「どう改善するか」を明確にする必要があります。

この時、周囲の人間が「親不孝」「甘えるな」と言ってしまうと、せっかくの「気づき」を生かすことができなくなってしまいます。

毒親に洗脳されて、自分の親がまちがっていると気づかない人もいる中、気づけたのは助かるチャンスです。

そのチャンスを生かしてほしいと思います。

気づけたのならすごく才能があるわ