【賛否両論】児童相談所とはどんなところ?口コミは?


【賛否両論】児童相談所とはどんなところ?口コミは?

児童相談所

毒親育ちにとって気になる存在「児童相談所」

児童相談所へ行って「助かった!」という口コミもあれば「ひどい目にあった!」という口コミも見受けられます。

 

児童相談所への相談を考えているけど、どんなところなの?

 

そんな疑問にお答えします。

児童相談所の概要

  • 市町村や警察と連携して虐待されている子どもを守る(相談援助活動)
  • 子どもが心身とも健康に育つよう、子ども自身と家庭をサポートする
  • 子どもに関する相談
  • 問題点の把握
  • 虐待を受けている子どもの一時保護
  • 子どもの里親探しをサポート
  • 両親の親権を他者にうつす請求を家庭裁判所に行うことができる

参考:厚生労働省

児童相談所の1日【スケジュール】

  • 起床
  • 洗顔&はみがき
  • ラジオ体操
  • 中庭をマラソン
  • 朝食
  • 午前の活動(洗濯・掃除・勉強・読書など)
  • 昼食
  • 午後の活動(勉強・面談など)
  • おやつ
  • 午後の活動(勉強・面談など)
  • 夕食
  • 入浴・はみがきなど
  • 就寝

児童相談所の口コミ

サポートを強化するプラン【職員増員】

近年では虐待死の事件が頻発している背景から、児童相談所でのサポート体制も強化されてきました。

以前は職員が不足していたことにより充分なサポートを受けられなかった児童相談所ですが、今後はサポート体制が改善されていく見通しです。

積極的にとりくんでほしいわね

全国で児童福祉司を2,020人増員の新プラン

今回決定された新プラン(児童虐待防止対策体制総合強化プラン)は、児童相談所や市町村の体制・専門性の強化を2019年度~2022年度の4年間で進めるとし、具体的な人員配置などの目標を掲げています。

出典:社会で子育てドットコム

2019年2月12日、大阪で160人増員の方針を決定

大阪市は12日、虐待事案への対応強化を目的に、市内の児童相談所(児相)の職員数を今年度から9年間で約160人増やす方針を決めた。職員数は現行の約260人から約420人となり、全国の自治体で最大規模となる見込み。

出典:産経新聞

役に立つという口コミ【親身な対応】

私は育児が一番辛かった時に児相に助けてもらった事がある。 でも、「児相の職員さんがすごく親身になってくれたよ。」って人に話すとすごく怪訝な顔されるか、苦笑いされるんだよね。 あそこは親から子供を取り上げる機関じゃないよ。 子供の権利を守ってくれる機関だよ。


私も産後うつ、育児ノイローゼで児相にお世話になったことある……取り上げることを目的とせず、一緒に親子共々いい環境で過ごすためにはどうしたらいいか、とても親身になって相談に乗ってくれたなぁ…


親の気持ちも蔑ろにせず、同じ方向を向いて考えてくれたよね。 初めて駆け込んだ時、「勇気がいったでしょうに、よく来てくれました」って言われて涙が止まらなかった。

出典:togetter

役立たずという口コミ【刑務所みたいだった】

定員206人に対して2,000人以上の保護が必要!(大阪府の例)

一例として大阪府では定員の10倍近くもの保護が必要な児童があふれています。

そのため早期解決が必須となり、一時保護の期間は2か月以内と短く定められています。

2か月の間に家庭環境を改善するか、里親を探す必要があるのです。

「刑務所みたいだった」児相で一時保護された女性語る

 最もつらかったのが、「個別」と呼ばれる「罰制度」だ。悪いとされることをすると、一時隔離された。個室に入れられ、1人で過ごすこともあれば、相部屋をシーツで仕切られ、周りとの接触を遮断されることも。トイレに行く途中の廊下で、ほかの子どもと言葉を交わせば、その子も同じ罰を受けた。

りこさんは2回、個別を経験した。長いときは1週間。部屋に閉じ込められている間、窓からは外で遊ぶ子どもたちが見えた。「早く保護所から出たいと、泣きそうだった」

出典:朝日新聞

外に出られないのが一番つらい

よく、フェンスの中や窓から外を眺めていたんだけど、同じくらいの年頃の子たちがその外を通るんです。それが本当にキツかった。

なんで、私達は外に出れんのって

何も悪いことしてへんのにって

いつになったらここから出れるのって

出典:【体験談】児童相談所で一時保護を受けたあとの子供の話

【参考】虐待の証拠を録音して残して一時保護をお願いする

肉体的虐待なら証拠のケガがありますから目視できます。

いっぽう、いちばんやっかいなのが精神的虐待ですよね。

証拠がなければ児童相談所はかんたんには動いてくれません。

そのため録音などで証拠を残しておくと効果的です。

毒親のいじめ・暴言・暴行への対処法【録音】はあらゆる場面で役立つ

【結論】児童相談所へは相談すべき!【選択肢をあたえ客観視】

賛否のある児童相談所ですが、一度は相談すべきです。

仮に児童相談所があまり良い環境でなかったとしても子どもに選択肢をあたえてあげることは大切です。

「自分の人生は、日々の行いは、すべて自分で決定するものなのだと教えること。そして決めるにあたって必要な材料――たとえば知識や経験――があれば、それを提供していくこと。それが教育者のあるべき姿なのです。」100万部を突破したベストセラー『嫌われる勇気』待望の続編『幸せになる勇気』の特別掲載、最終回です。

出典:https://cakes.mu/

人は自分で選んだ道を歩んだほうが勇気とやる気がわき、納得しやすいでしょう。

もし子どもが「児童相談所のほうがいい」と思えば、より良い環境を手に入れたことになります。

逆に「家のほうがマシ」と思ったのなら家庭の問題が「ささいな親子ゲンカ」「子どものワガママ」だったのかもしれません。

そういうところが浮き彫りになっただけでも児童相談所に相談した意味があるのです。

「家庭でなんとかやっていこう!」という気持ちも少しは芽生えるでしょう。