【責任転嫁】「うちの子は出来が悪い」という毒親の出来が悪い


【責任転嫁】「うちの子は出来が悪い」という毒親の出来が悪い

ACねこ
ACねこ
「うちの子は出来が悪い」と言われたニャン
毒親は「子育てに問題があった」と考えることができないのよね

毒親というのは八つ当たりや矛盾した言動で子供のやる気をゴッソリ奪っているくせに、責任転嫁をして努力が足りないんだのお前が弱すぎるだのと言う。

出典:ツイッター

確かに人間にも個体差はある。しかし・・・

DNA

毒親はこんなことを言います。「いやあ、うちの子は出来が悪くてね。ありゃあダメだ。」

確かに同じ兄弟姉妹でも、出来の良し悪しは実在します。

つまり、精子と卵子のもつ遺伝子の組み合わせは、なんと約70兆通りにもなります。そのため、兄弟や姉妹であってもその染色体の組み合わせが同じになるという確率は非常に低く、そうすると遺伝情報が変わってきますから、たとえ兄弟や姉妹であっても、似てないということがあるんですね。

出典:※兄弟や姉妹でも全然似てない理由とは?

「子どものために」がない親

本を読んでいる女性と子ども

「私の育て方、どこかで間違ったかな」と言って子育てを考えなおせるような親なら、良い親でしょう。

恥ずかしげもなく「うちの子は出来が悪い」と大きな声で言うのは「私の育て方が悪かったかもしれない」という考えのない人間がとる行動です。

毒親は「子どものために」などと言うことを考えていないから毒になるのです。

子どもがうまく育たなかったら、子どものせい。子どもがうまく育ったら、私のおかげ。

そんな考えだから子どもが育たないのです。

「朱に交われば赤くなる」ということわざの通り、そのような毒親から良い影響はありません。

やる気のない親ね。なぜ子どもを産んだのかしら

子は親の鏡

鏡

油断をすると、子どもは親とおなじ行動をするようになると言われています。

これはミラー・ニューロンと呼ばれる脳の神経細胞によるものです。

=> 毒親との絶縁して得られること、絶縁するべき理由。ほか【まとめ】

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない

出典:子どもが育つ魔法の言葉 (PHP文庫)

著者プロフィール

ドロシー・ロー・ノルト Dorothy Law Nolte
1924年1月12日生まれ。ロサンゼルス出身。ミネソタ州立大学卒。
40代の終わりに英国国立聖職大学で博士号取得。40年以上にわたって家族関係についての授業や講演を行い、家庭教育や子育てコンサルタントを務めた。
出典:PHP