臨床心理士は【役に立たない】

臨床心理士は【役に立たない】

ACねこ
ACねこ
臨床心理士には相談した方がいいの?
臨床心理士の効果については賛否両論、意見がまっぷたつに分かれるわ。患者の性格や心理士との相性によるところも大きいわね

 

「臨床心理士に相談したいけど、効果あるの?」

「臨床心理士をほかの人に変えたい」

「現在治療を受けているけど効果を感じられない」

 

臨床心理士って、いくつか疑問がありますよね。

関連キーワード取得ツールと呼ばれるものがあります。

このツールを使うことで「臨床心理士」と組み合わせて検索されているキーワードがわかります。

その中のひとつに「役に立たない」というキーワードが出てきました。

その真相を探ってみたいと思います。

臨床心理士の関連キーワード

役に立たないことにお金や時間は使いたくないわ

実際に検索してみた

検索フォーム

「臨床心理士 役に立たない」と検索される意図には2種類あります。

  • 臨床心理士は役に立つのか、役に立たないのかわからないから調べておこう
  • 実際に臨床心理士と話してみて、役に立たないと感じた

そのため実際に検索してみて実態を探ってみました。

否定的な意見

カウンセラーは役に立つ感じがしますか?話を聞くだけで効果があまりないように思います。学校でも、カウンセラーにより、子どもが著しく改善された例がありますか?

(中略)

不登校経験者ですが、カウンセラーが役にたったためしはなかったです。
病院のカウンセラーだったんですが、時間の無駄でした。いくら話しを聞いてもらってもわからないような顔をしていました。
だから、僕の場合はなかったですね。

出典:Yahoo!知恵袋

 

財務省の、臨床心理士に関するレポートを挙げておく。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/sy160622/1606d_19.pdf
・スクールカウンセラーのみ配置する自治体と、準ずるものを30%以内で配置する自治体では、
スクールカウンセラーがいてもいなくても、問題行動件数の減少率には、ほぼ差はない。
・臨床心理士ではないものが30%以上で配置する自治体では、問題行動件数は、
配置校での減少が見られる。
つまり、
・ 学校の問題行動の解決には、臨床心理士のスクールカウンセラーは役に立たないが、
臨床心理士でないスクールカウンセラーは役に立つ。

果たして、臨床心理士に存在意義はあるのか?
院まで出て、他の相談者より無能な臨床心理士って、生きてて恥ずかしくないの?

出典:★臨床心理士って生きてて恥ずかしくないの?★

 

中立的な意見

臨床心理士の資格自体民間資格ですし、(最近国家資格に
という動きも活発化しています)現在の「臨床心理士」教育システムでは医療に関する知識は全然足りません。独学が要されます。

国家資格ではないというのと臨床心理士の教育システムの問題が否定論の原因の一つかもしれません。
しかしながら需要は沢山あります。必要とする人達は子供
から老人の方達まで心の問題ですから多いのですが
臨床心理士の受け皿が少ないのもまた事実なのです。

出典:臨床心理士の存在意義について教えて下さい。

 

臨床心理士という仕事、実際には、能力はピンキリだと思います。それは、学歴などでも分からないし、個人の能力と努力だと思うんですよね。

出典:臨床心理士って、なぜ難易度の割に、ステータス職扱い?

 

肯定的な意見

国家資格は、いまだにありませんが、現在「臨床心理士」という資格があります。これは、簡単に取得できるものではありません。また、阪神大震災の時には、臨床心理士達がボランティアで活躍し、カウンセラーの評判を高めてくれました。

出典:カウンセラーは役に立つか

 

カウンセラーの人は役に立ちますよ。特に、自分の事を理解してくれる大人がいない生徒には(孤立している生徒)。親自体が一番のその生徒の理解者になるのが望ましいが、親自身も教育には素人なので、なかなか出来ません。(頭の中で分かっていても)

出典:Yahoo!知恵袋

 

臨床心理士とは【かんたんなことをむずかしく書いているだけ】

臨床心理士に求められている4つの専門業務をご紹介します。

臨床心理士の専門業務は、「臨床心理士とは」で概説した4種があげられます。これらは、「臨床心理士資格審査規程」第11条に“臨床心理士に求められる固有な専門業務”として記されています。その主旨を要約すると以下の通りです。

出典:日本臨床心理士資格認定協会

上記と下記の出典は日本臨床心理士資格認定協会からの抜粋です。

全体的に「かんたんなことをわざわざ長ったらしく書いてそれっぽく見せているだけ」です。

そんなに難しく考えなくても精神疾患について現代医学がいかに無力かっていうのは数字に出ています。

患者がぜんぜん減ってないんですよ。ずーっと300万人超。治せてない。減ってるのは患者のサイフの中身だけ。

【真実】「向精神薬は覚せい剤と同じ」医者の9割はうつ病を治せない

もし論理的に根本的な精神疾患を治療する方法があるなら教えてください。そうしたらこのブログはやめて「精神疾患治療におすすめの病院と治療法」のサイトを作りますから。

①臨床心理査定

「診断」(diagnosis)ではなく「査定」(assessment)と表記しています。「診断」は、診断する人の立場から対象の特徴を評価しますが、「査定」は、その査定(診断)される人の立場から、その人の特徴を評価する専門行為に主眼がおかれています。つまり臨床心理査定とは、種々の心理テストや観察面接を通じて、個々人の独自性、個別性の固有な特徴や問題点の所在を明らかにすることを意味します。また同時に、心の問題で悩む人々をどのような方法で援助するのが望ましいか明らかにしようとします。加えて、他の専門家とも検討を行う専門行為といえます。

出典:日本臨床心理士資格認定協会

 

ここで「心理テスト」というものが出てきます。

具体的に何をするのでしょうか?信憑性は?

ブラインドアナリシスについて批判を詳しく書きます。斉藤、馬場、中谷のブラインドアナリシスが正確に被検者像を表現していないと著者は断じています。そして、それはそのとおりであると思います。しかし、ブラインドアナリシスは本来のロールシャッハテストの使い方ではなく、臨床では絶対にそういう使い方はしないでしょう。被検者の背景や疾患や臨床像を総合して所見を書くことが一般的です。

出典:「心理テストはウソでした」を読んで

 

上記の性格テストには信憑性がありませんね。ほかの性格テストを見てみましょう。

下記のとおり信憑性に乏しいコメントばかりです。

  • 被検者の意識的側面しか捉えられない、意図的な回答の欺瞞に弱いという短所がある。
  • 検査結果の整理が煩雑である、検査の信頼性、妥当性に難点があるなどの欠点もある。
  • ただし、パーソナリティの一部の特定の側面しか測定できないという欠点もある。

そりゃそうですよ。本人以上の理解を他人ができるわけがない。

他人が理解するには脳をスキャンする装置か脳どうしを接続するケーブルが必要です。

性格テストの詳細を載せておくわ。もし興味があれば読んでみて

質問紙法
質問項目に被検者が答え、回答結果を点数化する事によりパーソナリティを捉える検査法。検査の施行と結果の整理が簡単であるという利点があるが、被検者の意識的側面しか捉えられない、意図的な回答の欺瞞に弱いという短所がある。
主要5因子性格検査(BigFive)
児童・生徒向け主要5因子性格検査(Five Factor Personality Inventory – Children (FFPI-C))
YG性格検査(矢田部-ギルフォード性格検査)
MMPI(ミネソタ多面人格目録)
MPI(モーズレイ性格検査)
エゴグラム

投影法
比較的あいまいな刺激を用いて、被験者に何らかの課題の達成を求める検査法。あいまいな刺激に対しては、被検者の無意識が投映されるという仮定に基づいている。被検者の無意識的側面が把握できる、回答を意図的に操作する事が難しいという利点がある一方、被検者への心理的負担が大きい、検査結果の整理が煩雑である、検査の信頼性、妥当性に難点があるなどの欠点もある。
ソンディ・テスト:人物の顔写真が印刷された48枚のカードを一定の手続きで被験者に示し、好き・嫌いの基準でカードを選んでもらい、その結果から被験者の衝動のありようを分析・把握する。
ロールシャッハ・テスト:左右対称のインクのシミから被験者が想像したものから人格を分析する。
TAT(主題統覚検査):主題が曖昧な絵から物語を作らせ、心理状態を判断する。
バウムテスト(ツリーテスト):木を描かせ構図や木の様子(実や葉の有無、枝や根の形など)から心理を判断する。
SCT(文章完成法テスト):不完全な文章に自由に補わせて全文を作らせる。心の歪みを探る。
P-Fスタディ(絵画欲求不満検査):欲求不満が生まれる日常的な場面が描かれた絵に対する反応をみる。
CPT(カラー・ピラミッド・テスト):24種類のカラーチップを用いて、好き・嫌いの両基準でピラミッド版を作らせ、選択された色彩の頻数と構成の両次元から性格診断を行う。

作業検査法
被検者にある一定の作業を行わせ、その結果からパーソナリティを捉える検査法。
内田クレペリン精神検査:一桁の足し算を一定時間、複数回行うもの。
ブルドン抹消検査

出典:Wikipedia 性格検査

 

ただし、パーソナリティの一部の特定の側面しか測定できないという欠点もある。

出典:Wikipedia 作業検査法

②臨床心理面接

臨床心理面接は、臨床心理士とクライエント(相談依頼者)との人間関係が構築される過程で“共感”“納得”“理解”“再生”といった心情が生まれる貴重な心的空間です。そして来談する人の特徴に応じて、さまざまな臨床心理学的技法(精神分析、夢分析、遊戯療法、クライエント中心療法、集団心理療法、行動療法、箱庭療法、臨床動作法、家族療法、芸術療法、認知療法、ゲシュタルト療法、イメージ療法など)を用いて、クライエントの心の支援に資する臨床心理士のもっとも中心的な専門行為です。

出典:日本臨床心理士資格認定協会

たしかに「共感」「理解」というのはメンタルの回復につながりますね。でもそれだけだったら「スナックのママ」にグチってたって「共感」と「理解」は得られます。いちいち病院に行ってやるほどのことではありません。

「〇〇療法」ってそれっぽいものを並べてますけど、要するにこういうことです。

精神分析 → 抽象的すぎて何のことを言っているのかわからない。

夢分析 → 夢占い?乙女かよ。

遊戯療法 → いや、「遊びも大切」ってことをわざわざかっこつけて書いてあるだけでしょ。

クライエント中心療法 → 要は患者に指図すんなってこと。

集団心理療法 → いやツイッターで毒吐けば同じじゃん。

行動療法 → 要するにトラウマから逃げんなってこと。

箱庭療法 → 「まー、プラモデルとかマイクラやってリフレッシュしなよ」ってこと。

臨床動作法 → ストレスがかかるとからだが萎縮したり固まったりこわばったりするからそこをやわらげようっていう考え方らしい。自分でやればよくね?というか、そんなんでトラウマ消えんの?

家族療法 → 毒親育ちには無縁な治療法ですね。

芸術療法 → 「まー絵でも描いて気持ちを落ち着けなよ」・・・って医療じゃないよね?これ。趣味じゃん。

認知療法 → いや自分のこころは自分が一番よくわかってるから。

ゲシュタルト療法 → 「今」に意識を向けるんだって。認知行動療法に似てるね。・・・で、今に意識を向けてトラウマ消えるの?

イメージ療法 → 要するに「明るい未来をイメージしてポジティブに生きよう」ってことらしいです。末尾に「療法」ってつけてそれっぽく書いているだけ。

まとめ

肯定的な意見から否定的な意見まで、さまざまな意見がありました。

カウンセリングの効果を得られるかどうかは、相性のよい臨床心理士に会えるかどうかがカギのようです。

臨床心理士が万能なら苦労しませんよ。