うつ病のときにできる仕事。在宅ワークでライティング【サグー】


生活保護の申請も視野に

ACねこ
ACねこ
うつ病のときに働ける仕事ってあるの?
基本的に重症のときはムリよ。比較的軽症なら心身ともに負担のすくない在宅ライティングがおすすめね

 

自力で頑張れればそれに越したことはありませんが、貯金・資産ともに困窮している場合は生活保護の申請も視野に入れましょう。

=> 毒親から脱出。助けてほしい、離れたい時の電話相談窓口と、行政情報

うつ病のときにできる仕事。在宅ワークでライティング【サグー】

ノートパソコン

うつ病の時は極力ストレスを減らすことがたいせつです。

在宅ライティングとして代表的なのはサグーワークスです。

  • 無理そうならリタイアできる
  • 打ち合わせがない
  • 出来が悪くてもクレームにならない(非承認で済む)

サグーワークスでは、少ない文字数の案件からトライできますし「やっぱり書けなさそう」と思えばそのまま放置しておくと、ほかのサグーワークス会員が代わりにライティングをする仕組みになっています。

また、クライアントとの打ち合わせもなく、対人ストレスがありません。

最終的に文章の出来が悪くてもクレームになることはなく、非承認で済みます。

非承認になった場合、案件やほかの会員の進捗によって「再提出」ができる場合と出来ない場合があります。

このように、サグーワークスは精神的ストレスが少なめのお仕事です。

ただし「せっかく時間をかけて書いたのにお金にならなかった」というケースもあることを肝に銘じておきましょう。

時給換算でいくら稼げる?

円マーク

完全出来高制のため時給という概念はなく「時給換算」になります。

つまり1,000円分のお仕事を1時間でやれば時給換算1,000円、2時間でやれば時給換算500円となります。

サグーワークス会員の体験談を見てみると、時給換算300円~2,000円とあり、かなり幅があります。

慣れないと最初の1か月ぐらいは時給数百円という時期が続くかもしれません。

そのため最初の1か月は修行だと割り切って、時給換算はあまり気にせずに作業することをおすすめします。

向いている人なら結構稼げる

sagoo-ranking

2019年2月のランキングを見ると、75,079円~368,871円稼いでいる人がいます。

毎月これだけのお金があれば生きていけるでしょう。

ライティングが向いている人なら生活費レベルも稼げるお仕事ですね。

サグーワークス



病院より安くカウンセリングを受ける方法