毒親あるある【謝らない】非を認めたくない人の心理・特徴・接し方

毒親あるある【謝らない】非を認めたくない人の心理・特徴・接し方

ACねこ
ACねこ
うちの親ってぜったい謝らないのよね。
自己中すぎない?
毒親は負けを認めるのがこわかったり、自己中だったりして謝らない人がおおいわね

毒親の「謝らない →逆ギレ」ってあるあるなんだな…うちの旦那もそういうところあるな。 仕方ないだろ!とかキレたり。 仕方なくねーよ。

出典:ツイッター

実際には下から12%の実力しかないのに、本人たちは平均より上と思っているのであり、自分の能力を著しく過大評価していることになる。一方、「最優秀グループ」ではそのような過大評価は見られず、むしろ逆に自分の能力を実際より低く見積もる傾向が見られた。

出典:能力が低い人は、自分の能力が低いことに気づく能力も低い

毒親について調べていると、つくづく当てはまると感じるのが、この「謝らない」という性格です。私の両親もそうでした。

仮に「ごめんなさい」と言ったとしても、それは口先だけで、結局は毒親の行動に変化が見られないというケースが非常に多いです。

特に子どもが絶縁宣言した時の「ごめんなさい」には要注意です。この時の「ごめんなさい」は「いいから介護しろよ」という意味でしょう。

絶縁宣言されたことによって、子どもへの「脅し」や「罪悪感の利用」「恩着せがましさ」といった方法が通用しないと悟ったがために「ごめんなさい」と言って同情を得る方法に、手法を変えただけです。

口では「ごめんなさい」と言っていますが、心ではそう思っていません。

両親が謝れる人なら、最初から何も問題は起こらないのです。

意思の疎通がむずかしいわね

謝らない毒親の性格・特徴。プライドが高く、責任転嫁するなど

チェックリスト

相手をたいせつにしたいと思うから謝る

ハートマーク

人が謝るときの動機は「仲良くしたい」「よりよい環境を提供したい」「相手の気持ちを知り、受け止めたい」です。毒親にはそういった動機がないのです。

人は大切にすべきと思っていない相手には謝りません。

謝れる人は「何が起こっても受け止められる」自信があるからです。

謝らない毒親への対処法。論破しようとするとヒステリーを起こすなら

ハイタッチ

謝らない相手への対処法はいくつかあります。

人の心理には「返報性の原理」がありますので、こちらが警戒しなければ相手も警戒を解きますし、こちらが話を聞けば話を聞いてもらえる傾向にあります。

返報性の原理

プレゼント交換

返報性の原理(へんぽうせいのげんり)は、人間の持つ心理のひとつ。

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

出典:Wikipedia

  • 謝るのがこわい人に対しては、笑顔で接し警戒心を解く
  • こちらに一部でも謝るべきところがあれば、先に謝る
  • 相手の話をしっかり聞くことで、こちらの話を聞いてもらえるようにする
  • 時間をおいて、相手が冷静になってから指摘する

ただ、これらが毒親に通用するとは限りません。

毒親は、子どもを支配下に置きたがり、見下し、舐めているケースがほとんどだからです。

話し合いのできない毒親とは絶縁しましょう。

せっかくの和解のチャンスを放棄されたのだから仕方がないわ