【老後】毒親の扶養(介護)義務は法律上あるの?【別居すれば解決】


【老後】毒親の扶養(介護)義務は法律上あるの?【別居すれば解決】

ACねこ
ACねこ
親に虐待されて育ったから介護したくない・・・
介護を放棄すると逮捕されちゃうの?
別居していれば扶養義務はないから、逮捕されることはないのよ。弁護士も「扶養義務はない」と名言しているわ

兵庫県警明石署は29日、寝たきりで衰弱した同居の実母(85)に治療を受けさせるなどせず、意識不明の重体にしたとして、保護責任者遺棄致傷の疑いで息子の同県明石市魚住町住吉、アルバイト、永谷仁容疑者(53)を逮捕した。

出典:産経WEST

このようなニュースを見ると「親の介護をしないと罪に問われるの?」と心配になってしまうかも知れません。

しかしこのニュースに書かれている「保護責任者遺棄罪」が問われるのは、親と同居中であった場合のみです。

これがわかれば、ひと安心ね

【法律の観点】毒親の扶養義務について

同居中に親の介護を放棄して死亡に至った場合は保護責任者遺棄罪に問われるが、別居中なら罪に問われない。

保護責任者遺棄罪
要扶助者を移置・置き去りすることを内容とする犯罪。3月以上5年以下の懲役

別居中なら罪には問われない。病院への入院や看取りの必要もなし

弁護士

書かれた状況からは,病院に”今後は母とかかわらない”旨伝えて,何もせずに手を引かれることをお勧めしたいです。
ただ,念のため市町村の高齢者担当所管課に状況報告だけはされておいた方が無難とは思います。

お母さんが死亡した際に責任などを問われる可能性があるのは,中途半端に保護を開始した場合です。最初から一切かかわらなければ,法的責任を問われることはありません。

出典:弁護士ドットコム

毒親に訴えられても、介護は余力の範囲内で良い

弁護士

確かに、民法877条1項は直系血族間の扶養義務を定めていますので、子は親に対する扶養義務があります。
ただし、親に対する扶養義務の程度は、親に十分な生活能力がなく援助の必要がある場合に、子が自分の地位に見合った生活をしてなお余力がある範囲ですべきものとされています。
また、扶養の具体的な内容について当事者間で協議が整わない場合、家庭裁判所が決めることになります。

出典:弁護士ドットコム

報復したいときは毒親を訴えてやり返す

親を訴えることは可能です。その際はスマートフォンの録音アプリやペン型のボイスレコーダーなどを使った証拠集めが大切です。

弁護士

もちろん、訴えられないことはないですが、
そのためには証拠を固める必要があります。
また、過去の被害については、時効という壁があります。
ご自分で訴訟をするのが難しいと弁護士に頼む費用も
かかります。
可能であれば、まずは現状を交通整理するために
弁護士に法律相談をされてみることをオススメします。

ちなみに、今は両親と同居されてますか?
まずは、現在の居住環境を変えることが先決のような
気もします。
シェルターのような避難場所があれば、そこに移られる
ことも検討された方がいいように思われます。
この点については、行政に相談してみてください。

出典:弁護士ドットコム

長男・長女だからと言って特別な扶養義務はない

弁護士

「1.長男だからといって25年以上連絡取りあっていない父親の扶養をしなければならないのか? 」

成人した子と親との間の扶養義務は、生活扶助義務とされます。その趣旨は、義務者の余力の範囲内で具体的扶養義務が発生するということです。ご相談者に余力が無い場合は扶養する義務はありません。また、25年以上没交渉だったということ、そのようになる経緯といったことも扶養義務を課すにあたって斟酌されます。また、監護(介護、面倒見)については、法的に強制することはできません。したがって、帰ってきて面倒を見ろというような請求はできないということです。

出典:弁護士ドットコム

メールの返信はせず、手紙も無視して連絡を絶つ

ゴミ箱

やり取りの履歴を残さないにために、毒親からのメールや手紙には返事をしないほうが良いです。

できれば精神衛生の面でも電話番号を変えられそうなら変えます。

また、市役所で住民票と戸籍の附票の閲覧制限をかけておくと完璧です。

=> 引っ越しをして毒親から逃げる方法。距離を置いて会わないのが一番

話の通じる相手なら、最初から問題は起きていないわ

郵便や宅配便は受け取り拒否が可能

No

普通郵便は配達後でも未開封なら受取拒否が可能です。宛て名面に「受取拒絶」と明記し、押印もしくは署名した上で、郵便局に持っていくかポストに投函するだけ。

宅配便やゆうパックなど、受け取りが必要なものは、口頭で「受け取り拒否」とだけ伝えればOKです。

受け取りを拒否したことは、毒親に伝わりますので、キッパリと意思表示することができます。

中途半端な姿勢は逆効果よ

扶養義務から逃れるために、早めに引っ越そう

親の介護を放棄したとき、同居していたばっかりに扶養責任を問われて逮捕・・・という可能性も否定できません。

もし今、毒親と同居中なら一刻も早く引っ越しましょう。

【3千円~】お金がなくても今すぐ毒親から逃げる方法【寮付き】