前向きに生きる方法【現実を受け入れ強く生きる】

2020年9月29日

 

「お金もないし落ち込んでいるヒマがない・・・」

「後ろ向きな人生ばかりではゆううつな気分になる」

「強くなりたい」

「楽しく生きたい」

「でもどうすればよいのかわからない」

 

前向きな人生の方が楽しいですよね。

でも前向きに生きるってかんたんなことじゃないんです。

視野を広げて心を入れ替えましょう。

親が後ろ向きなら反面教師にしよう

たとえば子どもがお茶をこぼしてしまったときの対応ひとつとっても、毒親とよい親ではおおきな差があります。

毒親は「バカヤロウ!」と感情的になって怒る。いつまでもお茶をこぼしたことを責めます。

最悪な場合、親がお茶を拭いていつまでもグチグチ文句を言う。親が拭くことによって「お前は親に迷惑をかけた悪い子」と言い続けられるから。

「拭いておけ!」と言って、あとに引きずらない親ならまだいいです。

よい親はまず「やけどしなかった?」と子どもを心配する。後に引きずらない。拭いておしまいです。

子どもに拭き方を教える。「こういうふうにこすると、よごれが広がっちゃうから、こうやって、軽くたたくといいよ。人生、勉強勉強!ワッハッハ!」という親がいます。

子どもは自分で解決できたからスッキリします。のちの人生に行動力が出てくるのです。

子どもが解決できることは子どもが解決し、そうでないものは親が解決。

子どもがお茶をこぼすことぐらい想定内だから、お茶がこぼれても動揺しません。

私の家庭環境は後ろ向きだったな・・・

と思う人は親を反面教師にしましょう。

人生Very Hardモードを楽しむ

『人生はロマン。自分は不幸だと悩むのではなく、試練を与えられた物語の主人公だと思えば、人生をエンジョイできる。』美輪明宏

美輪明宏

出典:https://www.a-inquiry.com

たとえばビデオゲームは難易度を選ぶことができます。毒親の家庭環境はもちろんVery Hardでしょう。

どの家庭に生まれるかは神が決めることです。自力ではどうにもなりません。

自分が今、Very Hardの環境で生き延びていることを誇りに思っていいのです。

たくさんの人がゲームオーバー(自殺)になっています。耐えているだけで大したものでしょう。

親の愛情に恵まれてもたいへんな世の中です。放任主義で育てられ愛情が0ならまだいいです。マイナスの状況でよく頑張っています。

Very Hardのクリア条件は「人生をトータルで見たときに幸せといえること」です。

もしクリアすることができれば、たいへんな功績です。

人が苦難を乗り越える姿って、カッコイイじゃないですか。

たくましく生きるのよ

サバンナを見るとわかる。まさに運も実力のうち

ライオンのシルエット

シマウマの集団がライオンに追いかけられた時、捕まる、捕まらないは運です。

ライオンが獲物を捕まえられるかどうかも、運です。

サバンナの動物の世界では、運が悪い=死を意味します。

 

「あのとき左に逃げていればライオンに食べられなかったのに」

「あの水飲み場に行かなければワニに食べられずに済んだのに」

 

サバンナでは「運がわるかったねー。かわいそう。」などと言う道理はありません。

運がすべての世界なのです。

人間社会もおなじです。

学校では「公平」などと生徒を教育しますが、いざ社会にでれば不公平なことだらけです。

親の愛情に恵まれた人、親がお金持ちの人、恵まれた人がたくさんいます。

たとえ悔し紛れに「アイツは運がいいだけだ」と言ったとしても世間は「運も実力のうち」としてみます。

現実は厳しいのです。前向きに生きるしかありません。

周囲の理解は期待しない

ツバメ

アダルトチルドレンが世間からの理解を得られればとてもありがたいことですが、なかなかむずかしいのが現状でしょう。

「心のキズは外から見えない」

というのが一番の理由でしょう。

やっとの思いでSNSなどで苦しみを打ち明けたら「甘えるな!」と言われた人はめずらしくありません。

【理解されない】毒親育ちのアダルトチルドレンのつらさを代弁【挫折】

 

本来なら政府からの支援、たとえば生活保護などを受けてもいいぐらいのハンディキャップを背負っているアダルトチルドレンですが、誰にも理解されずに苦しんでいる人は多いでしょう。

世の中は親の愛情に恵まれた人を中心に動いています。周囲の理解は得られないのが普通と考えるべきです。

関連記事

毒親の元に生まれたのは前世の「カルマ」(因果応報)かもしれない

環境改善

Posted by TATSUO