【人種差別を乗り越えた強いメンタル】ジャッキー・ロビンソンに学ぶ

【人種差別を乗り越えた強いメンタル】ジャッキー・ロビンソンに学ぶ

バット

毒親育ちは周囲からの理解を期待することができません。

 

「甘えんな」

「怠け者」

「なさけない」

「あたまおかしい」

 

ときには周囲からひどい言葉を投げかけられることもめずらしくありません。

そんなときは黒人初のメジャーリーガーで、人種差別の壁を乗り越えた強いメンタルの持ち主「ジャッキー・ロビンソン」を見習いましょう。

ジャッキー・ロビンソンの概要

1919年1月31日生まれ。アメリカジョージア州のカイロ出身です。

1890年以降の激しい有色人差別の中、なんとアフリカ系アメリカ人としてメジャーリーグデビュー!

ACねこ
ACねこ
勇気あるなあ

数々のタイトルと賞を獲得し、すばらしい功績を残したことで人々に認められるようになります。

ジャッキー・ロビンソンのメンタルの強さ

仕返しをしない覚悟

当時、大リーグのブルックリン・ドジャースのジェネラル・マネージャーであった「ブランチ・リッキー」。

彼は大衆の猛反発を予想しながらも、ジャッキー・ロビンソンと契約することを決心します。

そのときブランチリッキーはこう言いました。

「君はこれまで誰もやっていなかった困難な戦いを始めなければならない。その戦いに勝つには、仕返しをしない勇気を持つんだ」

そしてジャッキー・ロビンソンの右の頬を殴ったのです。

それに対してジャッキー・ロビンソンは「頬はもう一つあります。ご存じですか。」と答えました。

「なにがなんでも仕返しをしない勇気を持つ」という彼の決心の強さがうかがえます。

【スパイクで流血】周囲からのひどい仕打ち

スパイクシューズ

彼は周囲から数々のひどい仕打ちを受けました。

  • メジャーリーグのオーナー会議では15対1の圧倒的な差でジャッキー・ロビンソンのプレイを反対される。
  • チームメイトの数名は黒人選手とのプレイを拒否し退団。
  • 相手チームの選手、監督、観客からも心ないヤジを浴びせられる。
  • 相手チームの選手にわざとスパイクをされ流血させられる。
  • 黒猫を球場に投げ込まれ「お前の親せきがいるぞ!」となじられた。

しかしどんなにひどいことをされようとも彼は始終、辛抱強く、紳士的にふるまったのです。

「腹が立つことはたくさんあった」と当時の彼は言っています。

しかし彼は「黒人として受け入れられる」という大きな目標を持っていました。

その目標を見失わなかったからこそ最後まで怒りをガマンすることができたのでしょう。

【新人王】逆境のなか打率.297、12本塁打、48打点、29盗塁

トロフィー

デビュー当初、周囲の人間から大ブーイングを受けながらもジャッキー・ロビンソンは新人王に輝きます。

怒りをコントロールしながらの大活躍です。かなりの実力があったと思われます。

彼の紳士的な態度とすばらしい功績を見た周囲の人たちはジャッキー・ロビンソンを称賛するようになります。

新人王が、別名ジャッキー・ロビンソン賞とも呼ばれるようになったのです。

また、人種を問わず、どの選手でもメジャーリーグに参加できるようになりました。

ジャッキー・ロビンソンの名言

「不可能」の反対は、
「可能」ではない。
「挑戦」だ!!

 

一流になれ、
そうすればものが言える。

 

もし、他人に何かの
インパクトを与えるような、
生き方が出来なかったとしたら、

人生などそれほど
重要なものではないと思う。

なんというメンタルの強さでしょう。

人は生まれつきメンタルの強い人、弱い人がいます。

メンタルの強い人を見習いたいところです。

もし仮にジャッキー・ロビンソンが毒親育ちだったとしても苦難を乗り越えられそうですね。

もしこれからの人生でくやしいことがあっても「ジャッキー・ロビンソンならここでくじけるだろうか?」と自問しながら耐えていきましょう。

スマホやPCの壁紙にジャッキー・ロビンソンの写真を設定しても良いかも知れませんね!