毒親の85%は子ども部屋をノックしない【プライバシーがない親】

毒親の85%は子ども部屋をノックしない【プライバシーがない親】

情緒的に未成熟な大人は、近くの人を気にいったり、嫌ったり、好きになったり、面自くないと反発したり、好意を持ったり、敵意を持ったりする。「ほっておく」ということがどうしてもできない。

出典


ACねこ
ACねこ
ムキー!またノックしないでドアを開けられた!!ふつうノックするものじゃないの?
ノックをするのが常識ね。れっきとしたプライバシーの侵害よ

いや、あの、母親よ、ノックもなしに部屋入ってきてパックしてるの見て笑うってなんなんですか?親ってノックしない生き物なんですか?昨日も着替えてる時にノック無しで父親入ってきて最悪だったんですけど(上洋服来てない状態) プライバシーとか考えないんですか?

出典:ツイッター

「いつ親が勝手にドアを開けるかわからない」状況だと落ち着かないですし、勝手に開けられると腹が立ちますよね。

子ども部屋に入る前にノックをしない親は非常識ですし毒親の可能性が高いです。

survey-knock-twitter

「結果を見るだけ用」のデータを除外すると、

15% はい

85% いいえ

となります。

「ノックをしない」が大多数を占めています。

【常識】世間では96.5%がノックに賛成

survey-knock1 survey-knock2 survey-knock3

出典:ガールズちゃんねる

上のデータを集計すると、

賛成:(96.5%)328人 反対:(3.5%)12人

となります。

いかに毒親の行動が異常なのかがわかりますね。

家庭内の閉鎖的な環境だけでは異常性を感じにくい

疑問

「うちはオープンな家庭だから!」

「なにかやましいことしてるの?」

毒親の支配する家庭では、子どもに発言権はありません。

たとえ「○○さんの家ではノックしてるってさ」と言ったところで「よそはよそ!うちはうち!」という毒親お得意のごまかしが入り、子どもの発言はかき消されてしまいます。

毒親にとっては「ノックをしないのは仲がいいこと」だと思っているんですよね。

赤ちゃんと同じで自分と他人の境界線ができていないのです。

自分と他人の境界線(パーソナルスペース)があいまいなままだと子どもは自立心を育てることができません。

ノックをするべき理由【子どもの世界を尊重する】

ノック

子ども部屋に入るときにノックをしない親は、子どもの人格を尊重していません。ノックをしないことが、仲がいいことだと思っています。

ノックをしない毒親の主張は「うちはオープンな家庭だから!」「やましいことをしているの?」です。

それでは逆にノックをするときは「相手がやましいことをしている」と思っているのでしょうか?

学生時代、職員室のドアをノックするとき「やましいことをしているかも」と思う人はいません。

私たちは相手に敬意を払っているから、一人の立派な人格として認めているから、相手の世界に土足で入り込まないように、ノックをするのです。

一人部屋が欲しくなるということは、自分の世界ができ始めたということです。いいかげん子離れしましょう。

「自分の世界」をしっかり持つメリット

  • きちんとした信念を持てるようになる
  • 表現力が豊かになる
  • 将来の職業の選択が決まる
  • 勉強意欲がわく

ノックをしない毒親の特徴【子離れ出来ていない】

ため息

  • 心配性
  • ひとりで生きられない
  • 子どもを所有物だと思っている

毒親は精神的に自立できておらず子離れも出来ていないため、子どもに干渉したがります。

子ども部屋に入る前にノックをしない親にはさまざまな問題があります。

子どもだからと舐めていると、いつかしっぺ返しがくる

break-off-relations-twitter

絶縁はめずらしいことではありません。

【決別】絶縁状の書き方と法的効力。毒親に内容証明郵便で送る

子ども部屋の意味は「自立心」と「プライバシー」

子ども部屋のアンケート

出典:ノムコムwith Kidsアンケート

子ども部屋のメリットのアンケート結果では、

自立心が芽生えた:44.4%

プライバシーが保たれる:32.3%

とあります。合計で76.7%です。

ノックをしなければ子ども部屋を用意した意味がありません。

世の中では常識とされていることが毒親は理解できていないのです。

ノックをしない親への対処法は自立して引っ越すこと

たとえ「ノックして」と張り紙をすれば剥がされるでしょうし、カギなんかかけたらヒステリーを起こされると思われます。

もう引っ越すしかないんですよね。ひとり暮らしをして心おきなく自分の世界をつくりましょう。

引っ越しをして毒親から逃げよう。距離を置くのが一番【一人暮らし】

もし大人になるまで待てない!ということでしたら相談窓口の利用をおすすめします。

毒親の相談窓口【電話相談、行政情報、逃げる方法まとめ】

まとめ

ノック

「ノックをしない親は毒親」

アンケートのご協力のおかげで、今回はひとつの毒親の基準があきらかになりました。

「なんでノックしないんだよ!」

モヤモヤしながら生きてきた毒親育ちは多いと思います。

もし親がノックをしなければ、自信を持って「うちの親は異常」と思って良いです。

毒親の異常性をしっかりと認識して、自分の人生をとりもどしましょう!

まとめ
  • 世間の常識では子ども部屋に入る前にノックする
  • ノックをしない親は毒親の可能性が高い
  • ノックをするのは子どもの自立心を育むため