子どもを見下す毒親の心理。「自分は努力してもムダ」と悟った人間


子どもを見下す毒親の心理。「自分は努力してもムダ」と悟った人間

ACねこ
ACねこ
また親にバカにされた!
子どもはストレス解消のはけ口じゃないニャン!
他人を見下したがるのは劣等感の裏返しよ。ようするに子どもを見下す親はダメ人間なの。取るに足らない存在だわ

見下す人間はほとんど毒親気質の人間だと思う。

出典:ツイッター

 

努力する人

「自分は努力すれば成長できる!」

もしくは

「たとえ思うように成長できなくても、自分は頑張る!」

という意識を持っている人、つまり自信のある人は他人を見下しません。

自信のある人は、他人を見下すエネルギーと時間があるならそれを自分の成長のために使います。

=> 毒親は「反抗期」の子どもを毒子呼ばわりして逆ギレする

逆に他人を見下している人を会社や学校で見ていると、努力をしていない人ばかりです。

上を見れないから下を見るのね

子どもを見下す毒親は、自分に失望している

絶望する人と犬

毒になる親は、人生の中で「自分は努力してもムダ」と悟った瞬間があります。

そのため、あまったエネルギーを建設的なことに使わなくなり子どもをコントロールして優越感に浸ったり、子どもの自立をじゃまして「ダメ人間仲間」を作り安心しようとするのです。

こうなったら人間おしまいだわ

自分に失望している毒親は他人にケチをつけたくてしようがない

いじわるに笑う人

自分に失望している毒親が子どもを見下すとき、理由は関係ありません。理由はすべて後付けです。

「お前は学校の勉強はできるけど、字がヘタだ」

「字がうまくても勉強ができなきゃ意味がないぞ」

毒親はどのような状況であっても、必ずなにか理由をつけて子どもをバカにしたがるもの。

たとえ毒親が「字がヘタなことはダメ」「勉強ができないことはダメ」と思っていなかったとしても、子どもに対して「おまえはダメだな」と言いたがります。

なぜなら子どもを見下すことが一番の目的になっているからです。

とんだ言いがかりね

子どもを見下す毒親への対処法【親に自信を持たせる】

笑顔の子どもと大人

  • 親を褒めることで自信をつけさせてあげる

他人を見下したがる人は劣等感に苦しんでいますから、毒親を褒めてあげることで安心させてあげます。

もしくは親の得意なこと、たとえばカラオケ、ボウリングなどを一緒にするのも効果的。

本来なら親が子どもを褒めるべきですので、親子の立場が逆転してしまいますが、親に劣等感を押し付けられるよりは良いです。

  • 毒親に同情することでイライラが減る

毒親に見下されてイライラしてしまった時は「ああ、この人は努力を放棄した人なんだ」と考え、同情してあげることでイライラがおさまります。

できるだけ前向きにね

あなたを馬鹿にするような人にあなたはひかれていくなどというと、理解しがたいようである。だが、やはり自分に自信のない人は、そのように不快なことを敢えてする。おそらく、それによって安心するのであろう。

出典