【真実】「向精神薬は覚せい剤と同じ」医者の9割はうつ病を治せない


【真実】「向精神薬は覚せい剤と同じ」医者の9割はうつ病を治せない

ACねこ
ACねこ
病院に行ってもすごく混んでて、あんまり話を聞いてもらえなかったニャン・・・。クスリをたくさん出されたけど、これで治るの?
向精神薬はカゼを引いたときに飲む解熱剤みたいなものね。症状を抑えるだけよ。しかも精神疾患は自然治癒しないから余計にやっかいなの

 

世の中には「メンタル・クリニック」「心療内科」「精神科」など、いくつかの医療機関がありますが、実は現代医学をもってしても精神疾患のメカニズムは解明されていません。

「病院に行っても治らなかった」という口コミが珍しくないのはそのためです。

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、平成23年は320万人と依然300万人を超えています。

出典:厚生労働省

つまり病院で治せていないということですね。

うつ病の発病メカニズムは未だ不明であり、社会的相互作用、心理社会的、生物学的らの複雑な要素によるとされている[5]

出典:Wikipedia

パニック障害

(中略)

原因についてはまだ完全に解明されていないが、脳内不安神経機構の異常によって起きるものだと考えられている。

心理社会的仮説

(略)

生物学的仮説

(略)

出典:Wikipedia

現時点で、あるのは仮説だけです。

統合失調症

(中略)

発病メカニズムは不明であり、明確な病因は未だに確定されておらず、いずれの報告も仮説の域を出ない。

出典:Wikipedia

人の心の解明はむずかしいのね

向精神薬のリスク【高い依存性】

薬

向精神薬の多くは薬物依存症の危険性があるものが多い。

出典:Wikipeida

抗うつ薬

(中略)

現在は比較的副作用が少ないとされるSSRISNRIを第一選択としている。しかしこれらの抗うつ薬の安全性についてもSSRI離脱症候群などの議論がある。

出典:Wikipedia

抗うつ薬が症状をやわらげられるのは「一時的」

困った人

抗うつ薬はうつ病の根本にある原因に効果があるかについて、2002年のレビューは、使用を終了した場合、抗うつ薬がうつ病の再発の危険性を減少させるという根拠がないと結論した。

出典:Wikipedia

クスリ漬けは嫌よね

 

抗うつ薬を飲んだからと言って、

  • 過去のトラウマが消えるわけではない
  • 体質が変わるわけではない
  • 性格が変わるわけではない

抗うつ薬は症状を抑えるだけです。

医者がビタミンCや納豆をすすめないのは【病院が儲からないから】

ビタミンCと納豆はメンタルヘルスに有効で、医学的根拠もあります。

納豆がメンタルに効く!「ケツの穴が小さい」の意味は腸と関係あり

しかし「ビタミンCや納豆が効くと医者に教わった」という話は聞いたことがありません。

理由はかんたんでビタミンCや納豆は家庭でも手軽に手に入り、病院が儲からないからです。

儲け主義病院は、儲かることなら何でもやる。

出典:危険度チェック! 悪徳病院&ダメ医者の見分け方

【再発する】医療機関は万能ではない【根本的な治療はできない】

病院

たとえば外科手術や特効薬のある病気なら医療機関は頼りになりますが、精神疾患はメカニズムすら解明されていないため、確実な治療方法が確立していません。すべて「仮説」です。

その一因として、診断の難しさが挙げられます。

人の記憶を読み取るスキャナーは存在しませんし、トラウマを消したりすることもできません。

また、人の性格や体質を変える手術や特効薬の開発は非常に難易度が高いでしょう。

自分の心を直接見られるのは自分だけです。

303人中125人が治療効果を感じておらず110人に薬の副作用

健康ポータルサイト『healthクリック』はうつ病患者303人にアンケート調査を行った。

アンケート結果によると125人の患者が治療効果を感じておらず、110人が薬の副作用を訴え、60人は「信頼できる医師が見つからない」と答えた。

うつ病アンケート

(複数回答)

出典:healthクリックでうつ病患者に対する意識調査を実施

・医者は抗うつ薬さえ飲めば3ヶ月くらいでうつ病が治ると言うが、そんなのはウソだ。ネットにあふれるうつ病闘病サイト(ブログ)を書いている人は医師の指示を守り、周囲の人も過剰なまでに配慮して対応しながらも、一向に治らない。

(中略)

手っ取り早くうつ病の症状を抑えるには薬しかない。ただし、根本的に治るわけではない

出典:「薬で治る」と言う人は、実は薬で治らなかった人

「向精神薬は覚醒剤と同じ!」 医師が危険性を警告

article-drug

そもそも向精神薬は刺激剤系と鎮静剤系に大別されますが、前者にはコカインのほか覚醒剤に指定されているアンフェタミンやメタンフェタミンが、後者にはヘロインやアヘン、モルヒネといったオビオイド系の薬物が含まれています。

出典:宝島オンライン

複数の病院を受診してみればわかる。医者によって言うことがバラバラ

病院

医療での治療方法が確立しているのなら、治療方針は統一されているはずだと思いませんか?

ところが医者によって言うことがバラバラです。

A医師

ほぼ薬は出さない。出したとしても不定期に飲む精神安定剤のみ。

不眠症への対処法を指導。

「ベッドは寝るためだけに使う」(ベッドに入れば自然と眠くなるための事故暗示)

「酒は睡眠を浅くするから飲まない」

ゆいいつ私が信用していた医者でしたが、上記2点の情報はググればすぐに出てくるようなものです。わざわざ医者から聞くようなことではありません。

B医師

「今回の件で相談相手はいますか?」

カウンセリングはこれだけでした。

もし相談相手がいなかったらどうするつもりだったのでしょうかね?

C医師

「ああ、症状が改善しない?では同じお薬出しておきますので飲みながら様子を見てください」

いちばんやる気のない医者でした。

D医師

「薬の効果が出なかったですか?うーん・・・」

「新しい種類の薬出しておきます」

薬、薬、薬・・・!

こうして患者は薬漬けにされ、結局根本的な治療は望めません。

E医師

ツイッターで見かけただけで受診はしていません。

その精神科医は「トラウマは解消しないほうがいい。なぜならものすごく苦しいことだから。それよりも新しいことに挑戦しましょう。つらい記憶は忘れます。」と主張していました。

「トラウマは解消しましょう」という医師もいる中、この医師の主張は真逆です。

いかに精神科医の言っていることがバラバラなのかがわかりますね。

「じゃあ臨床心理士はどうなの?」と思うかも知れませんがこちらも賛否両論です。

臨床心理士は【役に立たない】

ですから結局、治療は「人柄」「コミュニケーション」なんです。医学は関係ありません。

医療機関を受診したくなる心理

「こんなにひどいことをされたんだ!」という親への憎しみの表現

親に虐待をされれば必ず憎しみの感情は生まれるはずです。

病院を受診することで「これだけ心を壊された!」という表現をしたくなります。

ことを大げさにすればするほど親への敵意を表現できるわけです。

「私はいかに惨めであるか」を延々と訴える人は隠された敵意があると見てまず間違いない。

出典


根拠のないものにすがりつく心理【神を信じているかのよう】

たとえば「外科手術」や「エイズ治療」など、治療法が確立・統一されていて一定の効果が確認できているものであれば医学に頼るのも良いでしょう。

しかし上記のとおり精神疾患の治療法はぜんぜん確立されていません。

「明確な根拠を確認せずに信じる」姿勢はまるで神でも信じているかのようです。

「現実や常識を超越したもの、神あるいは魔法のようなものにすがりつきたい」

このような依存的な姿勢ではメンタルを回復させることはできません。

人は精神的・経済的に自立し、愛を与えることにより初めてメンタルが安定するのです。

「誰かに愛されたい」

これは不確実なことですよね?

しかし

「誰かを愛したい」

これは自分の中からわいてくる感情で、確実に得られるものです。

幸福は香水のようなものである。人に振りかけると自分にも必ずかかる。

エマーソン(19世紀アメリカの思想家・哲学者・作家・詩人、1803~1882)

自分の誕生日にプレゼントを配るオランダ人は幸せ。毒親育ちの心理学

自殺しそうなほど重症なら医療機関の受診もアリ

病院

ネガティブな部分も多い精神疾患治療ですが、一度は通院してみることをおすすめします。

一時的であっても抗うつ薬が効けばその間に生活習慣の改善にトライできるからです。

何度か行ってみて「治らないな」と思ったらやめればいいだけです。

通院をおすすめしたい人

  • かなりの重症で寝ていることが多い
  • つらすぎて自殺してしまいそう
  • 相談できる相手がいない
  • 今まで自分の気持ちを吐き出し、整理をしたことがない

改善したい生活習慣

  • 規則正しい生活をする
  • カーテンを開ける
  • 散歩をする
  • 栄養バランスを考える(特に納豆がおすすめ)
  • ストレッチをする
  • 部屋を片付ける

=> 毒親のストレスの限界でうつ病に・・・挫折は恥ずかしいことじゃない


医者の9割はうつを治せない