【防止策】毒親の虐待の35%は繰り返される【負の連鎖】


【防止策】毒親の虐待の35%は繰り返される【負の連鎖】

ACねこ
ACねこ
結婚したら虐待の連鎖が起きないか心配・・・
意外に虐待の連鎖の件数は多くないわ。
努力次第で解決できる部分もあるわね

親子の虐待は負の連鎖として続きやすいと言われるが、自分の子どもには私みたいな思いをさせないようにしたいと思っている。かといって何が正解かなんてわからないけれど。やれることをやるだけ。この10連休、親子関係でしんどい思いをしている子ども達が少しでも減りますように。

出典:ツイッター

虐待の負の連鎖の割合は35%

円グラフ

およそ3人に1人の割合で虐待の連鎖が起こると言われています。

児童虐待の発生要因(複数回答)
児童福祉司に、児童虐待の発生要因を尋ねると、「保護者の養育能力の不足」が 63.4%と最も多く、次いで「複雑な家族構成(継父母などのステップファミリー等)」が 46.8%、「家庭の経済的貧困」が 42.1%、「保護者の精神疾患等」が 39.8%、「保護者の地域からの孤立」が 36.4%、「虐待の世代間連鎖」が35.0%等となっている。

出典:総務省

意外に連鎖の割合は多くないわね

虐待されたからと言って必ずしも自分が子どもを虐待するとは限らないんですね。

虐待の負の連鎖の理由と法務省の論文【主導権と仲間意識】

鎖

法務省から出されている「児童虐待に関する研究」では「コントロール感を回復しようとのメカニズム」と書かれています。

4 虐待の連鎖
西澤(1999)は,トラウマを受けた人には,その体験を乗り越え,コントロール感を回復しようとのメカニズムが作用して,他者への加害,自己破壊性,再被害化といった様々な形態を取りながら,トラウマとなった状況を想起させたり繰り返してしまうような事態に強迫的に身をさらしてしまう傾向があるとしている

出典:法務省総合研究所

ここで言う「コントロール」の対象として考えられるのが「主導権」と「仲間意識」です。

人はコントロール感がないと恐怖を感じます。

たとえばジェットコースターが怖いと感じる一因として「自分でコントロールできない」ことが挙げられますよね。

また、仲間意識がないのもストレスの原因になります。

「自分ひとりだけ苦しい」「誰にもわかってもらえない」というのは苦しいことですよね。

不幸に縛られ続けるのは耐えられないもの

【体験談】金魚すくいが好きなのに、世話をしない小学生

金魚すくい

私の良く知る女性に、母親からネグレクトを受けた小学生がいました。

その小学生は、お祭りの金魚すくいが大好きで、毎回家に金魚を持って帰っていました。

ところがその小学生は、せっかくすくって来た金魚の世話をしません。

1回も水を取り替えないので、水槽の水が真っ黒に。

当然、金魚はすぐに死んでしまいます。

金魚をネグレクトすることで「主導権」と「仲間意識」を得る

金魚

その小学生は、いつも不安で、不自由な状況にストレスを感じていたはずです。

自分がネグレクトの主導権を握ることで、母親のネグレクトに振り回された不安を少しでも解消し「仲間」をつくることで、安心したかったのでしょう。

アフリカの恵まれない子どもが何とか生きていけるのは、近くに同じ境遇の仲間がいるからです。

ループする虐待をやめたい【相談窓口をチェック】

鎖

「自分は虐待してしまうかも知れない」と思うことと「なぜ虐待の連鎖が起きるのか」を理解すること自体、充分な対処法になります。

「自分は車で事故を起こしてしまうかも知れない」と思うことができ「なぜ交通事故が起きるのか」を理解している人のほうが交通事故を起こしにくいのと同じことです。

また、子育てに関する相談窓口を利用することも大切です。

「自分の力だけで何とかしよう」と思ってしまうと、理想を追い求めることになり、理想と現実の違いからストレスをかかえてしまうことに。

=> 毒親は「反抗期」の子どもを毒子呼ばわりして逆ギレする

一つの方法として、自ら児童相談所へ電話することもできます。

虐待かなと思ったら189

決して恥ずかしいことではありません。人間は虐待をし得るから児童相談所があるのです。

柔軟な対応が求められるわ

「しまった!」と思ったら子どもに謝ることで絆を回復する

謝る

親も人間ですので、100%間違いのない子育ては不可能です。

しかし謝るという行為は「絶対に謝る」と決心しさえすれば100%できます。

できることとできないことを明確にし、できることを確実に行うのが大切です。