毒親あるある【外面がいい】見返りを求め他人を利用する、ずるい性格


毒親あるある【外面がいい】見返りを求め他人を利用する、ずるい性格

ACねこ
ACねこ
毒親は家の中では偉そうに暴れてるのに、外では借りてきたネコみたいニャン!
ずるいニャン!
外面のいい毒親は多いわね。
自分に自信がないのよ

母親は典型的な虐待&クチャラーで外面いい人間だったのだけど父親もヤバいので私ほんとは2人の子供じゃないかもってちょっと思ってはいる(笑) こういう親はまともに相手にしてはいけない。逃げないと自分がストレスで潰れる。

出典:ツイッター

「内弁慶」という言葉の通り、毒親の外面の良さと、内面の悪さの違いにはおどろかされます。まるで別人のようです。

家の中ではすぐに怒ったり平気で下品なことをしたりする毒親ですが、一歩家の外に出るとまるで人が変わったかのように、いい人そうにふるまいます。

多くの場合「うちの親はひどい」と言うと、周囲からは「えっ?いい人そうじゃない」というリアクションが返ってくるもの。

周囲に理解されないばかりか、誤解までされてしまうという、毒親育ちのアダルトチルドレンにとっては非常につらい現実です。

外面がいい毒親の特徴

笑顔の人

自己評価が低いかわいそうな人間

媚びる人

家庭内ではふんぞり返っていても、実は毒親には自信がありません。家族以外には敵わないと思っています。

そのため周囲の人間には「媚びる」のです。

その媚びる態度が、外面の良さとして表れます。

ほんとうは弱い人間なのね

他人を利用したがる

ニヤリと笑う人

毒親は、人を利用することばかり考えています。

家庭内で子どもを利用するためには「恐怖」「罪悪感」「恩着せ」を利用することが適していますが、周囲に対してはそれが通用しません。

家族以外の他人に対しては善人を装うことで、人に親切にしてもらったり、褒めてもらったりして、得をしようとします。

その場その場で、何のためらいもなく、自分がもっとも得をする態度をとるのです。

世間体が気になる。実は見栄っ張り

見栄っ張りな人

毒親によくある性格の特徴として「プライドが高い」「劣等感が強い」「負けず嫌い」があげられます。

そのため周囲の評価を異常に気にするのです。

世間から良い評価を得るために、外面が良くなります。

善人としてふるまう自分に酔っている

うっとりする人

毒親は、自分の評価を高めることに必死です。

家庭内では、ふんぞり返ることで自分の評価を高めようとしますが、世間で偉そうな態度を取れば、ひんしゅくを買います。

家族以外の人に対しては「自分はなんて良い人なんだ」と思うことで、自己評価を高めようとします。

自分のことしか考えていないのよ

外面の良い毒親には、罪悪感がない

だらけている人

普段の毒親は内面が悪いのに、世間に対して外面を良くするということは、自分を偽ることになります。

また、毒親が外面を良くする動機は周囲への親切ではなく、自分が得をしたいという「下心」からです。

そのため、まともな神経の持ち主なら「罪悪感」を感じるはずですが、毒親にはそれがないのです。

脳の前頭前野が未発達だと、罪悪感を感じません。

=> 罪悪感で苦しい時の対処法。毒親は罪悪感で子どもをコントロールする

他人に対する思いやりができてくれば、他人はそれほど自分を傷つけはしないし、他人は自分を傷つけるだけの力を持っていないということも分かってくる。他人は他人でしかないのである。他人に心を開くと、そのことが分かってくる。

出典