毒親は【外面がいい】見返りを求め他人を利用する、ずるい性格

2020年9月29日

 

「家の中と外で別人のように態度が違う」

「周囲の人に毒親のひどさを理解してもらえない」

「なぜ毒親は内弁慶なんだろう?」

 

家の中と外であまりにも態度が違って驚かされます。

「二重人格」という言葉があるように、時と場合によってまったく別の人格かのごとくふるまいが違うのです。

では理由についてみていきましょう。

 

外では腰が低く、卑屈なほど他人に迎合する人は、家では愛想が悪く、支配的になる場合が多い。

出典:加藤諦三

 

母親は典型的な虐待&クチャラーで外面いい人間だったのだけど父親もヤバいので私ほんとは2人の子供じゃないかもってちょっと思ってはいる(笑) こういう親はまともに相手にしてはいけない。逃げないと自分がストレスで潰れる。

出典:ツイッター

外面がいい毒親の特徴

自己評価が低いかわいそうな人間

媚びる人

家庭内ではふんぞり返っていても、実は毒親には自信がありません。家族以外には敵わないと思っています。

毒親は勝てない周囲の人間には「媚びる」のです。

ほんとうは弱い人間なのね

よく子どもの友達が遊びにくるとコロッと態度の変わる毒親がいます。うちのクソ親父もそうでした。

子どもの友達を通じて「〇〇君の家のお母さん(お父さん)はとってもイヤな人だった」というウワサが立つのがこわいからです。

自分より強い者にこびるという点は、いじめっ子とまったく同じ発想でもあります。

「毒親がこわい」なら恐れない方法を知ろう【いじめっ子はザコ】

他人を利用したがる

ニヤリと笑う人

毒親は、人を利用することばかり考えています。

家庭内で子どもを利用するためには「恐怖」「罪悪感」「恩着せ」が適していますが、周囲に対してはそれが通用しません。

善人を装うことで、人に親切にしてもらったり、褒めてもらったりして、トクをしようとします。

その場その場で、何のためらいもなく、自分がもっとも得をする態度をとるのです。

毒親は自分さえよければいいという発想の持ち主ですからね。

小さな子どもと同じなんです。

世間体が気になる。実は見栄っ張り

見栄っ張りな人

毒親によくある性格の特徴として「プライドが高い」「劣等感が強い」「負けず嫌い」があげられます。

周囲の評価を異常に気にするのです。

世間からよい評価を得るために、外面がよくなります。

家庭内では、ふんぞり返ることで親の評価を高めようとしますが、世間で偉そうな態度を取れば、ひんしゅくを買います。

あたかも善人としてふるまい「自分はなんてよい人なんだ」と思うことで、自己評価を高めようとするのです。

また、ふだんの内面のわるさの反動で外面がよくなるケースも多いです。

外面のよい毒親には、罪悪感がない

だらけている人

ふだんの毒親は内面がわるいのに、世間に対して外面をよくすることは、自分を偽ることになります。

また、毒親が外面をよくする動機は周囲への親切ではなく、自分がトクをしたいという「下心」からです。

まともな神経の持ち主ならあるはずの「罪悪感」が毒親にはないのです。

ちなみに脳の前頭前野が未発達だと、罪悪感を感じません。

前頭前野については下記の記事に書かれています。

罪悪感で苦しい時の対処法。毒親は罪悪感で子どもをコントロールする

毒親とは

Posted by TATSUO