毒親は金を出しているから、子どもへの暴力・暴言が許されるのか


毒親は金を出しているから、子どもへの暴力・暴言が許されるのか

ACねこ
ACねこ
親だからって子どもに何をしてもいいの?
いいわけないニャン!
そのとおり。
親のしていることは犯罪行為よ。
ゆるされることではないわ

子育てに苦労したからといって、それが子どもを虐待していい理由にはなりません。

養育に2000万円かかったから、200発まで殴っていいとか、人格否定していいとか、そんなはずはありません。

市役所の人間を殴って「税金を払ってんだぞ!」が通らないのと同じです。

虐待は逮捕されることもある犯罪

警察官

親子だからといって、犯罪が許される理由はありません。

暴行罪(ぼうこうざい)は、刑法208条に規定されている罪。刑法第27章「傷害の罪」の中に規定が置かれ、広義の傷害罪の一種である。

出典:Wikipedia

侮辱罪(ぶじょくざい)は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することを内容とする犯罪である(刑法231条)。

出典:Wikipedia

れっきとした犯罪よ

残念な虐待事件

こわがる女の子

捜査関係者によると、長女は両親ら親族とだけ通話やメールができる携帯電話を使っていた。周囲には「(友人らと自由に連絡が取れる)スマートフォンが欲しいと母親に言っているが、許してくれない」などと話していたという。逮捕前の警視庁の任意聴取には「勉強のやり方について、母親とけんかをしたことがある」などとも話していた。

出典:「スマホ欲しい」口論 東京・台東 母殺害容疑の高1送検

子どもを完全に所有物として見ている、典型的な毒親です。

教育が子ども主体ではなく完全に親主体となっています。

子どもの人格を完全に無視しているため、この長女のストレスは相当なものだったでしょう。

「ゆるしてください おねがいします」
2018年3月に目黒区で児童虐待によって船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5歳)が父親に虐待され死亡した事件について、連日ニュースで流れており、たくさんの人が結愛ちゃんの残したノートのコメントを見て心を痛めているのではないかと思います。

出典:「もうおねがいゆるして…」目黒5歳虐待死はなぜ防げなかったのか

児童相談所の力不足を考え直すきっかけとなった事件です。

世の中には、たまたま死に至っていないだけで、同様の虐待がたくさんあります。

過剰な罰や肉体的・精神的暴力はPTSDになり得る

トラウマを抱えた女性

「クズ・死ね」と言われた。

川に投げ捨てられて溺れた。

トンカチで殴られた。

といった、しつけの範囲を超えた行為によって、子どもがPTSDになる恐れがあります。

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である[1]

出典:Wikipedia

PTSDを治療することは可能です。損傷を受けた脳は、自分で回復することができます。

=> 「毒親を責めるのは親不孝」ではない。幼少期の脳は虐待で萎縮する