【問題行動】毒親育ちがよい子を演じる病気【犯罪】

2020年9月29日

幼い頃、親から見捨てられる恐怖におびえ、従順なよい子を演じてきた人は、心の病に悩まされることになるという。

出典


 

「本心じゃないのに仕方なくよい子を演じている」

「ストレスで頭がおかしくなりそう」

「よい子の自分は無理をしている・・・」

 

わるい自分を抑え込んでよい子を演じていれば当然ストレスが溜まりますよね。

ではどのようなことが起こるか見ていきましょう。

よい子を演じる理由

良い子

親に見捨てられる恐怖感があった

衣食住のライフラインである親に見捨てられたら収入のない子どもは生きていけません。見捨てられる恐怖があるのはとうぜんですよね。

親の思い通りに子どもがふるまわないと親はわざとらしく子どもに失望して見せます。

 

「どうしてお前はいつもダメなんだ」

「そんな子に育てた覚えはない!」

 

とくに「そんな子に育てた覚えはない!」というのは親として最低の言葉で「自分の思い通りに子どもが育つハズ」という自己中心的で支配的な考えがあるから出てくるセリフです。

毒親とは「発達障害」と「過干渉」毒親にならないためにすること

親の不機嫌を解消したい

日常的に毒親は不機嫌です。

子どもは常に毒親の機嫌をうかがわなくてはなりません。

「こりゃあお父さん、仕事でイヤなことがあったな」

家庭内では好き勝手にふるまう毒親ですから、不機嫌を隠そうなどとはしませんよね。

むしろわざとらしく不機嫌を見せつけることすらあります。

親の機嫌を取るために子どもは親をおだてたりお手伝いや勉強をすることになります。

子どもは気持ちの休まるヒマがないのです。

親の愛情がほしい(ほめられたい)

 

「親が怒っていないか」

「ほんとうに親は自分のことが好きなのか」

 

すぐに怒る親、放置型で無関心な親に育てられた子どもは人間不信になり、子どもがありのままの姿で生活することはできません。

否定放置型の毒親に育てられると自信がつかない

子どもは不安で不安でしようがないのです。

親にほめられれば子どもは一時的に安心できるかもしれませんが、すぐにまた不安が襲ってきます。

よい子を演じることが子どもにとって安心を得るための中毒になっていくのです。

ありのままの自分は無価値だと思っている

劣等感

 

「勉強のできないやつはダメ」

「スポーツのできないやつはダメ」

「口ベタなやつはダメ」

 

毒親は子どもを「減点方式」で評価します。

外の世界を知らない子どもは親を無条件で信じるしかありませんので

「ありのままの自分ではダメだ」

という意識を強く持ちます。

そして子どもは

「努力して優秀な成績をおさめることがあたりまえ」

という価値観になっていきますよね。

成功したときの達成感は一時的なもので、逆に失敗したときの劣等感は永遠に続くのです。

就職や受験で失敗して自殺するような子どもは毒親育ちと言ってよいでしょう。

「良い子」が起こした犯罪

会津若松母親殺害事件

2007年5月15日、17歳の男の子が「母親を殺害しました」と言って会津若松警察署に自首。

母親の頭部をショルダーバッグに入れて持ってきていたという異常な行動をしており、そのグロテスクさは対応した女性警官が卒倒して医務室に運ばれるほどひどいありさまでした。

【人物像】

少年はスキーや野球、駅伝といったスポーツに熱心に取り組み、学業成績も優秀だったという。中学校の校長は「文武両道。あらゆる分野で活躍していた」と振り返る。
地域では成績が良く、経済的余裕がある生徒は、都市部の高校に進学する。少年もその一人だった。
少年は、1年の時は高校近くの親族の家に住んでいたが、弟が高校進学した後は、2人で住み始めた。近所の人は、母親から「弟の分の弁当も作っている」と聞かされたという。
少年は高校2年になってから理系クラスに入り、情報系の国公立大への進学を希望。成績は中の上程度だったという。クラブ活動も科学部に所属していたが、活動には全く参加していなかった。
教員らにとって少年はごく普通の生徒。「授業中は落ち着いていた。際だって特異な子とは感じなかった」

出典:[ 少年事件 ] | 少年犯罪碌 – 楽天ブログ

大分一家6人殺傷事件

2000年8月14日に起きた15歳の少年による隣家殺傷事件。

寝込みを襲われ、3人が死亡、1人が重体、1人が重傷、1人が軽傷を負いました。

「被害者の家の風呂をのぞいた」

と疑われ、父親に厳しく叱られたり被害者の家族全員に無視されたことに腹を立て犯行におよんだそうです。

少年は「風呂はのぞいておらずタバコを吸っていた」と自供している。

【人物像】

事件当時、県立高等学校の1年生で15歳であった。3世代、5人家族の次男で、「真面目」「いい子」との評価を受けていた。

  • いわゆる共働きの家庭だった。父親は厳格な性格であったが感情起伏が激しく、少年が幼少時に夫と妻は1年ほど別居していた。

出典:Wikipedia

厳格な親に育てられると子どもはストレスが溜まりますよね。

グレる子ならまだマシなのですが「よい子」を演じてしまえば精神と行動が矛盾して精神病にかかってしまうおそれがあります。

あるある

Posted by TATSUO