自分の誕生日にプレゼントを配るオランダ人は幸せ。毒親育ちの心理学


他人に依存しない幸せ

パーティー

誕生会では、招かれた側が誕生日プレゼントをあげるのはもちろんですが、誕生日の主役もまた、おもてなしをします。お食事やケーキを用意し、来てくれた人、お世話になった人に小さなギフトを配ります。

出典:プレゼントをみんなに配る!?オランダの誕生日事情

オランダでは、自分の誕生日に、自ら周囲にプレゼントを配る習慣があります。

周囲に依存しない形で満足感を得られるため、確実に幸せです。

「みんな祝ってくれるだろうか」と状況に振り回されることがありません。

こういう考え方は、心を安定させるわね

自ら動き満足することが自信につながる

自信のある男性

私は長い間「自信」や「自己肯定感」は「自分が優れていると思うこと」と勘違いをしていました。

自分が「信じる」と誓えばそれが自信です。「不器用なところは個性」だと思えば、それが自己肯定感になります。

自信や自己肯定感を持つのに、優れている必要はまったくなかったのです。

ありのままの自分を受け入れてくれる人がいない環境で育つと、こういった誤解をします。

「毒になる親」とは良く的を得た表現だと思います。解毒は大変ですが、自分の心を見つめなおせるのは自分だけです。

海外の友人ができれば勉強になり、視野も広がる

世界地図

人生の時期によっては、人と話すエネルギーが残っていないこともありますので、そういう時はゆっくり休んだほうが良いです。

少し気持ちが回復してきたら、外国人と友人になると良い経験になります。

オランダに住む私の友人のデニスは、おどろくほど陽気で、寛容で、ユーモアがあり、話していると元気になります。

フェイスブックやテレビゲームを通じれば、外国人と友達になることも出来るでしょう。

視野は広ければ広いほど、心が安定するのです。

うまく英語が話せなくても大丈夫です。また、Google翻訳もあります。

メールならゆっくり翻訳できますし、音声が聞き取れなければテキストメッセージを送ってもらう手もあります。

いろいろな国の文化を知ってから、その国の友達を探すのも良いと思いますし、もし迷ったら個人的におすすめなのはオランダ人です。オランダの英語力は、アメリカ、イギリスに次いで高く、教養の高さが伺えます。また、オランダ人は募金に熱心で、やさしさがあります。




【東京・横浜】うつ病や発達障害などが対象の就職サポート【無料~】