「育てなおし」でセルフ・カウンセリング!毒親の呪いの抜け出し方

2020年9月29日

 

「今からでもまともな人間になりたい」

「少しでも人生を楽に生きたい」

「大人になってからでも育てなおしは出来るの?」

 

 

育てなおしとは自分が自分の親になり毒親から受けた「毒になる子育て」を修正してあげるということです。

毒親から受けた悪影響は、とてつもなく大きいものです。記事のタイトルに「呪い」と書きましたが、言い過ぎではありません。

幼少期はもちろん、大人になってからもずっと人生のジャマをしてきます。まさに呪いなのです。

「育てなおし」でデトックス(解毒)する

赤ちゃん

なるべく静かであればあるほど、孤独であればあるほど、自分の心を見つめやすいです。

座禅を組む必要はなく、普段の姿勢で大丈夫ですが、ベッドでやることはおすすめしません。ベッドで考え事をするクセがついてしまうと不眠症の引き掛けになり得ます。

まず、自分の人生をつらくしているきっかけとなった出来事を、物心ついた時から、記憶をさかのぼって思い出します。

思い出せなければ、何度も繰り返し思い出します。

あまりにもつらすぎて脳が思い出すことを拒否しているケースも。

思い出すことが出来たら、当時の自分自身に語りかけます。

本来ならどう接してあげるべきだったのかを考え、今の自分から過去の自分に語りかけ、育てなおしをします。

失われた心を取り戻すのよ

「高校生の分際で」私の失敗が嬉しくてしようがない父

悪魔

私が高校生の時の例です。

当時のクラスメイトの、父親の知り合いの企業さんが、Webサイトづくりの発注を検討しているとのことで、私にも声がかかりました。

私はその企業さんのところへ行き、お話を伺いながら、PCをお借りして、サンプルを作り、提出して帰宅。

それから1週間経っても連絡はなく、私の力及ばず、契約には至りませんでした。

「高校生の分際で契約なんか取れるわけないだろ」

なんと父親が信じられないことを口にしたのです。

「ニタァー」と笑った悪魔のようなほほえみは、今思い出しても嫌悪感がします。

父は自分の人生がうまくいってなかったから、私の失敗が嬉しかったのでしょう。

世間一般の感覚ではありえないことですね。

私はそっと目を閉じ、当時の自分にこう語りかけました。

「高校生の段階で声がかかるだけでもすごいじゃないか!まだまだ若い、これからスキルを積んでいけばいい。世の中はな、皆で仕事を取り合うように出来てるんだ。今のうちから、世の中の厳しさを学べてよかったじゃないか。失敗は最高の教材だからな。悔しさをバネにまた頑張ればいい!」

実際にやってみると効果がよくわかるわ

育てなおしの効果は大きい

お祓い

本来ならこうすべきであっただろう対応を、今の自分が、過去の自分にしてあげるのです。

毒親の呪いを、じっくりと、確実に解いていきます。

もし私が育てなおしをしていなかったら、ブログがここに存在することはなかったでしょう。

ホームレスになっていたかも知れません。本気でそう思います。

育てなおしという作業はとても大切です。

大切なのは、そのような古い記憶の一掃である。そして、新しく自分の心の中にインプットするのである。生きることを思い切り楽しむことはよいことだ、幸せいっぱいになることはよいことだ、嬉しい時には思い切り嬉しさを表現することはよいことだ、そして、自分を惨めに見せることで他人の好意を期待するのは止めよう、と自分に約束することである。

出典



環境改善

Posted by TATSUO