人間関係リセット症候群とは。後悔するケースも

2020年9月29日

「他人の愛情を失うことを恐れてはいけません。もし失ってしまったら、それはもともともっている価値のないものなのです」「問題は解決できる」。
私たちは、持っている価値のないものにしがみついて、自分から人生を苦しいものにしてしまう。

出典


「つい人間関係をリセットしてしまうのはなぜ?」

「リセットしたいけど、後悔しないかな?」

 

メリット、デメリット両方ありますから悩みますよね。

人間関係をリセットしたくなる原因と、すべきかの判断基準をまとめました。

人間関係リセット症候群になりやすい性格

チェックマーク

  • 自己主張が苦手
  • 我慢してまで周囲に合わせてしまう
  • 対人ストレスが大きい
  • 実は一人が好き
  • 人に心を開くのが苦手
  • 人と親密になることが苦手
  • 完璧主義
  • プライドが高い
  • 考えすぎてしまう

やっぱり自己主張できないと納得いかない部分が増えてストレスが溜まりやすいですよね。

また、傷つくことを恐れている人、繊細な人も人間関係リセット症候群になりやすいです。

それと仕方なく人付き合いをしている人。会社や学校など組織に属する以上、人間関係は避けられないですもんね。

リセットして後悔したこと【きまずい・さみしい】

頭を抱える人

「人間関係リセットがこわい・・・」

という人はリスクを明らかにしましょう。

  • リセットした人と、たまたまデパートで遭遇して気まずい思いをした。
  • ふとスマホのアドレス帳を見たら真っ白で、さみしくなった。
  • いつもすぐにリセットしてしまうので人と仲良くなれず、親友ができない。
  • しばらく時間をおいたら、リセットした友達にまた会いたくなってしまった。
  • 人間関係が嫌になったらすぐにリセットしてしまう逃げグセがついてしまった。

人間関係をリセットするメリットとリスクを天秤にかけ、自分のホンネにしたがって決意しましょうね。

リセットしてよかったケース【環境の改善】

喜ぶ人

  • 私が属していたグループは、ちょっと幼稚な人たちが多くて私には合わなかった。リセットしたら精神的に大人の人たちのグループに入れたので、リセットしてよかったと思う。
  • 周囲にはネガティヴな人が多く、私が独立開業しようとすると「どうせ無理」と言ったり、失敗した人を見ると「ほら、やっぱり失敗した」と言う人ばかりだった。リセットすることで自分が前向きになれました。
  • やる気のない人ばかりの職場で、ほとんどの人が怠けたり、足の引っ張り合いや仕事の押し付け合いをしていて、嫌気がさしたので転職しました。転職先はまともだったので、リセットして正解だったと思います。

周囲の人間が自分にとってマイナスになるなら人間関係をリセットしたほうがよさそうですね。

「今付き合っている人間を尊敬できるか?」

が判断基準となります。

リセットはいつでもできる。あせる必要はなし

孤独な人

つい感情的になってリセットした後「やっぱりやめておけばよかった!」というケースも珍しくありません。

試しに1か月ぐらい期間を置いてから、本当にリセットすべき人間関係なのか、考えなおすのがよいです。

連絡を取らないようにして、会う約束も適当に理由をつけて断りましょう。

環境改善

Posted by TATSUO