【運命共同体】母子家庭で生まれやすい毒親。母親への対処法


【運命共同体】母子家庭で生まれやすい毒親。母親への対処法

ACねこ
ACねこ
母子家庭特有の毒親があるって聞いたけどホント?
母子家庭特有の毒親はいるわ。
「女性脳」と深く関係しているわね

毒親は親の考えに毒され抜け出せなく なった子という意味。 偏った愛情が子には毒になる。 母子家庭だからと気負いサポート していた自分も毒親だと知りました。 子が一人立ちできるよう見守り、 声を掛けじっと待ち子供の個性を 尊重する。時間と金と余裕が必要。 ならば殆どが毒親予備軍?

出典:ツイッター

石器時代の人

厚生労働省の平成28年度調査によると、母子世帯数は123.2万世帯。

この母子家庭で生まれやすい毒親がいます。

その理由は旧石器時代、男性は狩りに出かけては獲物をつかまえ、女性は家庭を守り、コミュニティーを形成しながら、植物を収集していました。

女性は家庭を守ったり、植物を収集するための情報共有をするために「共感を大切にする脳」が発達しています。

例えば学校行事の合唱コンクールで女子が男子に「みんな歌いなさいよ!」と言うのも、この女性脳と男性脳に関係があります。

この「共感を大切にする脳」が母子家庭ならではの、毒母になってしまう理由。

もちろん女性だから毒親になりやすいという意味ではなく、男女とも毒親になる可能性はあり、その中に女性特有の理由があるということです。

毒母は、子どもを「運命共同体」として見がち

母子

旧石器時代からコミュニティーをつくりながら生活してきた女性は「みんなで一つ」「運命共同体」という意識が強いです。

女性脳にみられる、毒母になる原因

  • 他者に共感を求めるため、毒母の苦労を子どもに共感させたがる
  • 毒母のグチを子どもに聞かせてしまう
  • 小さい子どもを「大人のパートナー」として扱ってしまう
  • 細かなところにまで口出しをしたがる
  • すべてが母親の思い通りでないと気が済まない

幼いころから親の苦労話を聞かされた子どもは「自分のせいで母親が苦労している」「恩を着せられた」と感じてしまい、罪悪感を感じてしまうケースが多いもの。

そのため子どもは自責の念が強かったり、自己肯定感が育たなかったりします。

女性脳にはメリットもあればデメリットもあるのよね

毒母への対処法

電話相談

すぐに実行できる、毒母への効果的な対処法を見つけるのは難しく、ひたすら耐えるしかないケースも珍しくありません。

子ども自ら親戚や児童相談所を頼ることができれば良いのですが「恐怖心」もありますし、幼い子どもは本能的に親が正しいと信じてしまいがち。

ただ、もし子どもにある程度の年齢や勇気があれば、次のような対処法が考えられます。

抜け出すのは大変!だからみんな苦労してるのよね

暴言や暴行があれば、それを録音して親戚や児童相談所をたよる

虐待かなと思ったら189

=> 毒親のいじめ・暴言・暴行への対処法【録音】はあらゆる場面で役立つ

暴言も暴行もない場合は、児童相談所に理解されにくく、とても厄介です。

そのため毒母の異常さをわかりやすく伝える必要があります。

例えば部屋にカギをかけます。

もし母親が毒母ならドアを「ガチャガチャ!!」と狂ったように音を立て「開けなさい!!」とヒステリーを起こすでしょう。

それを証拠として記録します。

そのほかにも母親が泣きだしたときや、1時間、2時間と長時間の愚痴や説教を始めたときも証拠を残しておきましょう。

その証拠を使って親戚や児童相談所に助けを求めます。

自分の力を信じましょう

毒母に育てられてしまった時にするべきこと

ひらめく

毒母に押し付けられた、間違った価値観をなおす

母親の苦労を無理やり共感させられたり、理想を押し付けられたりして育った場合に考えるべきことがあります。

  • 私と他人は違うということ
  • 私には個性があるということ
  • 人にはパーソナルスペースがあるということ

パーソナルスペース(英:personal-space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア対人距離とも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。

出典:Wikipedia

価値観を正すには「何が間違っていたか」を洗い出す必要があります。

そうは言っても自分で間違いを見つけるのは困難なため、読書を通じて自分自身を見つめなおすと良いでしょう。

心理学の本でもっとも有名な著者のひとり、加藤諦三先生がおすすめです。

また、毒親育ちの診断チェックも自分を見つめなおす良いきっかけです。

毒親育ちの診断チェック(当ブログオリジナル)【傾向と対策】

一人暮らしをする【自由になり個性を知る】

一人暮らし

毒親に育てられたアダルトチルドレンが「個性」「自立」「パーソナルスペース」を知るためには、一人暮らしが効果的です。

=> 大人になる機会を毒親に奪われたアダルトチルドレン。抑圧を解く方法

もう人の顔色をうかがう必要はないわね

甘えている人とか、劣等感の強い人というのは、本当は自己実現をしている人とつき合うことが大切なのである。自己実現している人によって、ありのままの自分を受け入れてもらうことが、その人の成長には必要である。

出典