散歩は羽生善治さんもよく実践している気分転換【健康効果】

あの羽生善治さんもよく散歩をしている


永世七冠 羽生善治

羽生善治さんの本やブログを読んでいると「散歩」の話が良く出てきます。

必ずしも実力ではない、単なる巡り合わせや、偶然の連鎖による「不調」のときには、気分転換をすることを心がけているのだと羽生さん。

散歩をしたり、旅行をしたり、将棋と関係のない本を読んだり、あるいは髪の毛を切ったりすることもあるのだという。

出典:プレジデントオンライン

趣味は、散歩ボードゲーム全般。

出典:羽生善治とは ニコニコ大百科

散歩は気分転換や集中力の回復に効果的ということが伝わってきますね。

散歩の効果

ウォーキング

  • 体を動かすことで自然と深呼吸ができる
  • 深呼吸することで脳に酸素が行きわたる
  • 日光を浴びることができ、幸せホルモン「セロトニン」がでてくる

太陽

ドーパミンノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがある。

出典:Wikipedia セロトニン

  • 血行が良くなることで、脳の血流も良くなる

血行

心臓の動きが活発になり体がほぐれることで、全身に血液が行きわたります。

脳の血流が良くなることで、ゆううつな気分が晴れたり、集中力が回復します!

  • 普段とは異なる景色をみることで気分転換になる

景色

ずっと同じ部屋にいると同じことばかり考えてしまったり、視野が狭くなったり、気持ちが自分の内面に、内面に向かっていってしまいがちに。

公園が近くにあれば、自然がありますので新鮮な空気を吸えますし、公園で遊んでいる人たちを見るのも良い気分転換になります。

もし夜に散歩をするなら、夜景が見える場所を見つけられれば最高ですね。

  • 体内時計を整えることができる

体内時計

体内時計を整えて、夜10時~深夜2時にしっかり寝ると「成長ホルモン」が出てきて私たちの細胞をリフレッシュしてくれます!

成長ホルモンには成長に関する作用と代謝をコントロールする作用がある。

出典:Wikipedia